全国で24箇所ある競艇場では、地形による風向きや水質・コース幅など特徴がさまざま。
場所によって全く異なる性質を持っていますし、選手の得意不得意が如実に出やすいんです。

波のうねりや追い風による時計勘のズレなどを熟知した地元のレーサーは、競走を有利に展開できます。
ボートレースで高配当を当てるには、各競艇場の特徴を知っておくのが何より大事です!

このページでは、全24箇所の競艇場の特徴をすべて網羅
競艇場のデータを知り尽くした予想サイトも合わせて公開しています!

関東地区の競艇場:5会場

会場 特徴 開催 詳細
桐生 年間を通じてナイター開催。標高が高いため空気圧が上昇し、スピードがでやすくなる。実は近畿勢の成績が良いボートレース場。 未開催 詳細
戸田 1マークの位置がホームストレッチ側によっていて、横幅が狭いボートレース場です。そのためインコースが伝統的に弱く、3コースやカドからのまくりが決まることも少なくありません。全速でまくる選手の活躍が目立つのも戸田競艇場ならでは。また2マーク差しでの逆転もあるので、当地相性にはとくに注意しましょう。 2月27日
LIVE
詳細
江戸川 波がたちやすいので、波巧者と呼ばれるレーサーの活躍が多いです。またスタートが波に逆らう形になり、起き足や機力がないと出遅れることも。逆に勇み足でフライングになることもあり、スタート勘が重要になります。インは弱くセンター・アウトの活躍が目立つのも特徴です。 未開催 詳細
平和島 インの弱さは全国でも指折り。6コースの1着率は全国でもトップの数字で荒れやすい。センターからの捲りが目立ち、2コース逆転になる抜きが非常に多い。 未開催 詳細
多摩川 多摩川の代名詞である4カド全速まくり。1コースの弱さは全国でも指折りで、センター勢の差しも近年は多く見られます。スピードを出しやすいので、チルト3で攻める選手も未だに少なくありません。逃げとまくりが競り合う展開になると、思わぬ高配当が飛び出します。 2月27日
LIVE
詳細

東海地区の競艇場:4会場

会場 特徴 開催 詳細
浜名湖 広さを活かしたスピード勝負。2・3コースからの差しまくりが飛び出たり、5コースからのまくり差しがでたり、激しいレースが多いです。スタートから1マークまでの幅が狭く、全速ターンが得意な選手が浮上しやすいのも特徴。インが弱いわけではないが、番組表には気をつけたいところです。 未開催 詳細
蒲郡 年間を通じてナイター開催。基本的にインが強いが、センターからの捲りも効く。スタートが難しく、勘が整わないと大敗も。2マークからの逆転劇も多く、迫力あるレースが見られる。 2月27日
LIVE
詳細
常滑 水が柔らかく合えば出るので、スタートと回転が重要になります。風向きによっては2マークに白波がたち、ここで順位の変動が起きることも多々。基本的にインが逃げやすいものの、スタート勘で勝負が分かれます。 2月27日
LIVE
詳細
ホーム岸側から出ていくスタイルのため、各艇の駆け引きによってコース取りにもつれが生じることも。深い起こしのインでも1マークは五分の形が作れるのも面白いところ。外枠の大胆な前付けも目立ちますね。広い1マークホームを活かした大胆なターンができる選手の台頭には要注意です。 未開催 詳細

近畿地区の競艇場:4会場

会場 特徴 開催 詳細
三国 水面特性でもあるように、インが強い三国ボートレース場。2連対率70%・3連対率80%超えと、数値にも表れています。インが負けるときは風を受けて流れたとき。2・3コースからの差しや、4・5コースのまくり差しが決まりやすくなります。コンクリート護岸に囲まれている影響で、2マークに引き波が残りやすく、ここでの逆転がみられることも。 2月27日
LIVE
詳細
びわこ 基本的にインが弱く、センター・アウト勢の出番が多いので要注意。ピットから2マークまでの距離が近く、多少悪い出足でも戦えます。淡水で水が硬い上に標高が高いため、ダッシュ勢にもチャンスが生まれて技も多彩です。 未開催 詳細
住之江 ボート界の最高峰レースであるSGグランプリ最多開催の、艇界の聖地。インが強く、2コースに引き波が残るため難しいです。3コースからの握りマイが多く見られ、内側の展開が激しくなりやすい。ボートが暴れることも多く、重賞での逆転劇も多いです。東京勢が意外と相性が良いのも面白いですね。 未開催 詳細
尼崎 「センタープールだからセンターが決まる」と言われてきたが、近年はインが先攻めする。2・3着も4コースまでのラインで順当に決まることが多い。 2月27日
LIVE
詳細

四国地区の競艇場:2会場

会場 特徴 開催 詳細
鳴門 伸び型にして、スタートを決めて捲くる、シンプルなスタイルが決まりやすい。イン逃げが決まりにくく、波乱の展開になることも多い。夏は向かい風でスタート体形が崩れ、まくり差しが決まりやすい。冬は追い風が強くなり、差しが有利に。 2月27日
LIVE
詳細
丸亀 全国的に中位の広さで、ターンマークの移動により「思い切りの良いレースができる」と選手間で好評。決まりては、捲り・指し・逃げなど多彩。様々な展開のレースが見られます。 2月27日
LIVE
詳細

中国地区の競艇場:4会場

会場 特徴 開催 詳細
児島 干満差が大きいため、スタートが難しい(目安位置が変わる)児島ボートレース場。当地慣れやピット離れが上手くないと、勇み足になることも。潮によって1・2コースが無難に逃げ切ったり、センター・アウトの攻めが成功しやすかったり、水面の流れをどれだけ読めるかが重要です。競艇場自体はバックストレッチも大きく、のびのびとして走りやすいと評判。 2月27日
LIVE
詳細
宮島 干潮時は1マークへの向潮になりアウトが有利。かわって満潮時は1マークへの追潮なので、インが有利になります。一方、満潮時は水面がうねり、レースがもつれることも。潮の流れを見極めることが、勝利のカギとなります。 未開催 詳細
徳山 2号艇がインを競り勝つことが多い。また1マーク水域が広いので、外からの捲りが狙いやすくインが絶対ではありません。出目データでもセンター勢が連対してくることや、2号艇の差しが目立つので注意しましょう。 2月27日
LIVE
詳細
下関 ピットから2マークまでの距離(173m)が長く、インが深くならないためイン主導の展開が多い。本番ピットから大時計までの320mという長い距離を活かした、助走たっぷりの捲りが決まりやすい。 2月27日
LIVE
詳細

九州地区の競艇場:5会場

会場 特徴 開催 詳細
若松 満潮時はイン有利。干潮に向かう時間帯になればなるほど、捲りが決まりやすくなる。冬場は東からの追い風で差しも多く見られる。 未開催 詳細
芦屋 基本的にインが強い芦屋ボートレース場。1マーク周辺が広く、対岸には自然のコケが群生しているのが特徴です。そのため艇がぶつかりにくい、コケが波気しの役割を果たすことから全速で握れるので、「全速まくり」「全速差し」が主導権を握りにきます。スピードのある選手を押さえると◎ですね。 2月27日
LIVE
詳細
福岡 全体的にインが弱めの福岡ボートレース場。インの回りシロが少ないことで、高度な旋回技術が必要です。温度が上がってエンジン自体のパワーが下がる夏場はアウト有利。逆に気温が下がって空気圧縮比が高くなる冬場はイン有利になります。潮と風の流れでレースが大きく変わるので、天候を読み切るのがカギですね。 未開催 詳細
唐津 他の競艇場と同じように、風向きでレースの流れが変わります。弱めならインとカド、強いとまくり差しが決まりやすい特徴があります。ほぼモーニング開催なので、朝との相性は重要。1R・2Rで夢舟券がときどき出現することからも、番組編成委員の創意工夫を楽しむのも大切ですね。 未開催 詳細
大村 イン天国と呼ばれるほど内側が強く、イン1着率は50%超え・3連率は75%を超え。またスタートの際の目標物がなく、風向きが変わりやすいため、スタートが難しいと言われています。ダッシュ勢が勝つためには、コロコロ変わる風を完全に読み切る必要がありそうです。 2月27日
LIVE
詳細

余計な情報は全て排除!正確な情報のみで役員レベルの収入を目指せ!

競艇サラリーマン

開催 会場 獲得
2月23日 唐津11R→住之江3R 144,900
2月23日 常滑10R→蒲郡6R 1921,040
2月22日 浜名湖10R→平和島12R 546,480
「負けづらくする事」で競艇を投資としてカテゴライズする「競艇サラリーマン」。

全てのランクの元競艇選手・新聞記者・モーター整備士・番組マンの人材をフル活用。
多方面から情報収集することでより正確さを高めています。

勘や運に任せた予想ではなく蓄積され、より精査された正確な情報のみこそ的中への近道!

競艇知識・経験は一切必要なし!
会社役員レベルの収入を目指す力となってくれるでしょう!

無料予想を毎日公開中!

競艇予想サイト「boatONE(ボートワン)」の口コミ・検証公開中!

開催 会場 獲得
2月24日 三国8R→三国10R 185,270
2月24日 江戸川9R→蒲郡5R 273,590
2月24日 尼崎7R→唐津12R 601,680
お金をかけずに信頼出来る競艇予想が知りたい…。
そんな方にオススメしたいのが、boatONE(ボートワン)です!

全国のパイプラインをフルに利用して情報で、
月に数十万程度の利益なら簡単に得られるでしょう。

TwitterやLINE・Facebookなど各種アカウントで無料登録可能
一度だけでも圧巻の的中率を0円で感じてみてください!