4日から6日の間で開催されることが多い競艇。
初日・2日目・3日目・4日目・5日目(準決勝)・6日目(決勝)で、注目すべきポイントが違うのはご存じでしたか?

もし初日から最終日まで同じ賭け方をしているのでしたら、それは勿体ないこと。
注目ポイントさえ見逃さなければ、勝率を10%…いえ、20%以上は簡単に上がるかもしれません!

各開催日で注目したいのは次のポイント。


  • 初日:やや荒れる傾向あり
    選手の情報収集に専念する
  • 2日目:手堅く終わる傾向あり
    初日の情報を元に考察、各選手のコメントや整備方針を見る
  • 3日目:荒れる傾向あり
    初日と2日目の情報をあわせ、勝ち筋の選手を見極める
  • 4日目(予選最終日):レースにより荒れる傾向あり
    下位順位選手に注目する
  • 5日目(準決勝):堅めの傾向あり
    インコース選手に注目する
  • 6日目(決勝):レースにより荒れる傾向あり
    シンプルに楽しむ

これさえ抑えれば回収率アップだけでなく、万舟券も狙いやすくなるんです!

これから開催日程ごとに、よりスポットをあてて特徴をご紹介します。
勝率を上げたい!もっと万舟券を狙いたい!そんな方はぜひ参考にしてみてくださいね。

初日の傾向や予想方法

ボートレースの初日は、選手のデータを集めるタイミング。
スタート勘モーターの機力水面のコンディションなど、選手がまだ把握していないからです。

1日を通して、選手のコメントや展示タイムに注目しましょう!
ここで賭ける選手の目星をつけることで、2日目以降の予想がグッとしやすくなりますよ。


ただ初日、実はやや荒れて配当が美味しくなることも。

普段から練習している地元選手だと、競艇場のクセを掴んでいます。

他の選手より有利な状況なので、初日から攻めることも少なくありません!

とくに地元のA級レーサーなら、アウトコースでも注目してみてくださいね。


2日目の傾向や予想方法

ボートレースの2日目は、基本的に初日と同じでデータ収集のタイミング。
ただ初日の情報から、ある程度選手を絞っていたいですね。

初日を踏まえてモーターの機力や水面を把握し、ペラ(プロペラ)を微調整したり、チルト角を変更したり…。
今の自分の調子にあったボートに仕上げています。

セッティング結果を確かめるため、ムリはせず無難なレース展開になることが多いですね。

初日と同じように、よほど勝ち筋が見えたとき以外は、買いを控えるのがおすすめです。


3日目の傾向や予想方法

ボートレースの3日目は、選手の実力が定まるタイミング。
調整も終わり、予選突破に向けて得点を狙う選手(勝負駆け)が増えるのも3日目から。

荒れやすく、万舟券を狙いやすい頃合いです。

初日と2日目のデータを踏まえて、もし「もっと上位にいける」という艇がいたら、迷わず賭けても良いでしょう!
ただ直近のフライング率転覆率には要注意。
どちらも攻めの姿勢ゆえのデータですが、3日目が鬼門と言われているので、数値の高低は意識してみてくださいね。

そろそろ勝ち筋の選手を見つけたい3日目。
鉄板が見つかれば、最終日まで追いかける価値はありますよ。


4日目(予選最終日)の傾向や予想方法

ボートレース予選の最終日になる4日目。
選手は順位を意識したレースになりがち。

例えば準決勝進出がほぼ確定している選手は、フライングや転覆を避けたムリしないレースをすることが多くあります。
また得点上位(18名)に足りない選手は、捲りイン逃げを狙って積極的なレースをしますよ。

レース次第によっては荒れやすい4日目。

各選手の獲得ポイントに注目して、誰が攻めてくるのか、誰が守るのか判断するのが◎
アウトコースを交えた3連単・3連複で、確実に万舟券を掴みましょう!

5日目(準決勝)の傾向や予想方法

ボートレースの予選を突破した実力者が集まる5日目。
予選の得点が高い順にインコースが与えられるため、内側の艇で決着することが多く、予想を立てやすい特徴があります。

荒れ狙いというより、手堅く回収していく日になるでしょう。

3日目や4日目で注目していた選手が残っていたら、賭けて良いタイミング。
また人気薄でも調子が良さそうな選手がいたら、舟券に絡めると美味しい配当が期待できるかもしれません。

最終日にそなえてしっかり回収したいですね。

6日目(決勝)の傾向や予想方法

ここまでのボートレースを勝ち抜いた、真の実力者だけが集まる6日目。
誰が勝ってもおかしくはないですし、シンプルに楽しむことも大切です。

一般戦はインコース有利の堅めの決着になることが多いです。
ただ新人選手の台頭もあるので、当日の配当を見ながら舟券を買うのが良いですよ。

決勝戦も一般戦と同じように、堅めのレースが多いですが…。
万舟券を狙うなら、特別選抜戦がおすすめ

人気・実力ともに上位ながら、決勝戦には進めなかった選手が集まり、激しいレースを繰り広げます。
荒れる展開が多いので、高配当の期待大!

ぜひ競艇場の雰囲気を感じながら、ここぞというときに舟券を買ってみてくださいね。

確実に勝ちたい!損したくない!そんなときほどデータが重要

競艇の開催日で違うレース展開や予想法をご紹介しました。

確実に勝つならデータの揃う3日目以降が良いですが、万舟券を狙うなら初日の地元選手3日目と4日目の勝負駆6日目の特別選抜戦でしたね。

競艇は公益ギャンブルと言われていますが、確率と傾向を読み解くゲーム。
勝てるタイミングを見逃さなければ、勝ち続けることは難しくありません。

ただそのためには、情報を集めるのが重要。
競艇場の雰囲気や自分の勘ではなく、論理的に勝ち艇を分析するのが、万舟券への最短ルートです。

どうして逆転できたのか…。
どんな条件がそろったら、万舟券を狙って良いのか…。

それはネットには載っていない、最新情報をいち早くつかむのが秘訣。


もしかすると今まで「ぜんぜん当たらない」「ムダ情報ばかり」と後悔してしまうときがあったかもしれませんね。

それは悪質なサイトに出会ってしまっただけであり、あなたは悪くありません。

    【的中実績】

  • 2018.7.1 平和島6R→蒲郡8R
    〈3連単獲得〉257万4,096円
  • 2018.7.1 平和島3R→多摩川10R
    〈3連単獲得〉100万4,144円
  • 2018.7.1 びわこ8R→蒲郡5R
    〈3連単獲得〉14万2,560円
  • 2018.7.1 芦屋12R
    〈3連単獲得〉9,000円

ごく一部の獲得だけを抜粋しています。
回収率で言えば、100%超えは当たり前の連続。

それが今ならすぐに見れます。
一切の費用なく、有益な無料情報は↓から確認できますよ。

競艇予想サイト フルスロットル

フルスロットルを活用して、本業以外で毎月安定した収入を得ましょう。


競艇予想は1人でする時代から、サイトを活用して情報を得る時代に変わりました。

勝てないのには理由があります。
負けない秘密は必ずあります。

無料で登録できる優良サイトだけをご紹介しているので、本気で稼ぎたい方はのぞいてみてくださいね。

>>フルスロットルに無料登録しておすすめ買い目をもらう


>>万舟倶楽部が提供する競艇の予想はこちらから