競艇の予想にはデータが欠かせません。

当日の天候レース傾向コース取りモーター勝率など、さまざまな情報はありますが…。
そのなかの1つにボート勝率があります。


ただほとんどの予想屋はボート勝率に触れませんし、選手もボートの話をすることは稀。

そのため、

「ボート勝率って意味あるの?」
「予想に活用した方が良いの?」

こんな風に感じている方もいると思います。


実はボート勝率が注目されないのには、ちゃんとした理由があります。
選手の階級やモーターと比べ、試合結果を大きく左右しないんです。

ただし選手の乗り心地や気分に影響するするので、参考程度に押さえておけば大丈夫。


ここではボート勝率が注目されない理由をまとめています。
あわせてボートによって選手がどんな影響を受けるのかご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ボート勝率は勝敗を大きく左右しない!データから分かるポイント

A級・B級が混ざった50レースを対象に、ボート勝率について検証。

条件はA級選手よりも、B級選手の方がボート勝率が高いということ。

またコースはイン・アウト含めて、隣り合う状態のときだけを対象にしました。


どちらがより着順が良いか調べたところ、50戦41勝でA級選手の方が優れた結果だったんです。

もちろんコースの有利不利や機力の違いはあるでしょうが、A級の勝率が80%以上となると、ボート勝率はあまりあてにできません


ボート勝率を見るなら他のデータの方が有益なので、予想屋や選手はあまり触れないんですね。


選手の“感じ”が変わるボート どんな影響があるの?

舟券予想にはあまりボート勝率は関係ありませんでしたが、乗る選手にとっては少なからず影響します。

競艇のボートは木製。
走るたびに水を吸って重くなりますし、引き波ばかりにあてられていたら、水分でボートが反ってしまいます。

選手によっては、「モーターを乗せるときにバチッとしない」「乗ったときしっくりこない」「重くてバランスが悪い」といった、印象を感じるそうですよ。


また予備ボートへの乗り換えは注目ポイント。
滅多にありませんが、予備ボートはまだ水を吸っていないため、他のボートよりも軽いことは明白。

ボート勝率でいえば予備ボートは使用されるレースが少なく低いですが、軽さを活かして上位入賞!なんてことがあるかもしれません。

ボート勝率に惑わされず、選手のコメントや他のデータをあわせて予想したいですね。

確実に勝ちたい!損したくない!そんなときほどデータが重要

ここまでボート勝率と予想の関係や、ボートが選手に与える影響をご紹介しました。

ボート勝率がそれほど重要ではないことが分かり、驚かれたでしょうか?

競艇で勝つには、本当に大切な情報だけをピンポイントに集めるのが秘訣。


競艇は公益ギャンブルと言われていますが、確率と傾向を読み解くゲームです。

競艇場の雰囲気や自分の勘ではなく、論理的に勝ち艇を分析するのが、万舟券への最短ルート

どうして逆転できたのか…。
どんな条件がそろったら、万舟券を狙って良いのか…。

それはネットには載っていない、最新情報をいち早くつかむのが秘訣。


もしかすると今まで「ぜんぜん当たらない」「ムダ情報ばかり」と後悔してしまうときがあったかもしれませんね。

それは悪質なサイトに出会ってしまっただけであり、あなたは悪くありません。

    【的中実績】

  • 2018.7.1 平和島6R→蒲郡8R
    〈3連単獲得〉257万4,096円
  • 2018.7.1 平和島3R→多摩川10R
    〈3連単獲得〉100万4,144円
  • 2018.7.1 びわこ8R→蒲郡5R
    〈3連単獲得〉14万2,560円
  • 2018.7.1 芦屋12R
    〈3連単獲得〉9,000円

ごく一部の獲得だけを抜粋しています。
回収率で言えば、100%超えは当たり前の連続。

それが今ならすぐに見れます。
一切の費用なく、有益な無料情報は↓から確認できますよ。

競艇予想サイト フルスロットル

フルスロットルを活用して、本業以外で毎月安定した収入を得ましょう。


競艇予想は1人でする時代から、サイトを活用して情報を得る時代に変わりました。

勝てないのには理由があります。
負けない秘密は必ずあります。

無料で登録できる優良サイトだけをご紹介しているので、本気で稼ぎたい方はのぞいてみてくださいね。

>>フルスロットルに無料登録しておすすめ買い目をもらう


>>万舟倶楽部が提供する競艇の予想はこちらから