G1児島キングカップとは?特徴や賞金・歴代優勝レーサーを徹底解説!

年一回の児島競艇場の王者を決める一大イベント・G1児島キングカップ大賞

今回は、そんなG1児島キングカップの特徴や賞金・歴代の優勝レーサーを徹底的に解説
このページを読めば、さらに知識が付いて稼げるようになること間違いありません!

それでは、G1児島キングカップについて確認していきましょう。

G1児島キングカップの特徴や賞金額について

G1児島キングカップは、「周年記念競争」と呼ばれる競争の1つ。
競艇場の開設を記念して開催される大会で、児島競艇場では1953年からつづいています。

全24会場すべてに記念競争があり、名称はそれぞれの会場の特徴を踏まえた名称になっているんですよ。

周年記念競走の優勝賞金は1,000万円と、プレミアムG1を除けば、G1レースのなかで高額となっています。
そのため、グランプリを懸けた獲得賞金ランキングにも大きな影響をもたらす、選手にとっても重要な大会と言っていいでしょう。

それでは、さっそく出場条件を確認していきましょう。

G1児島キングカップの出場条件

・地元地区の選手を中心としたA1級選手

G1児島キングカップは、52名の選手が斡旋されます。

そのうち21名が、倉敷市など児島競艇場のレース施行者が希望する選手です。
選手のスケジュールにもよりますが、岡山支部の選手を中心に選出されています。

さらに施行者日本モーターボート競争会あっせん課が合同で選出した斡旋課提示選手が31名という内訳となっています。

なかには将来が期待される若手レーサーが数名選ばれ、女子選手は1〜3名と少ないのが特徴です。

賞金も高いですし、出場する選手は実力者が集まる傾向にあります。
一流のトップ選手同士による熱いレースが期待できそうです。

G1児島キングカップの開催日程

競艇のレースではスタンダードな6日間開催

初日から4日目まで予選が行われ、得点を争います。
この得点は着順によって異なり、4日目終了時点で得点率ランキング上位18名が5日目の準優勝戦に進出。

準優勝戦は3レースに分かれて行われ、各レースで上位2名の計6名が最終日の優勝戦を走れるんです。

特に準優勝戦・優勝戦以降は一発勝負となるので、選手は最大限の警戒が必要
スタートの出遅れなどで体系が崩れれば、後続選手にも十分勝つ可能性が出てくるでしょう。

過去10年間のG1児島キングカップ競走歴代優勝者

【第67回 児島】2020年 菊地孝平選手(静岡支部)1号艇・逃げ
【第67回 児島】2019年 吉田拡郎選手(岡山支部)1号艇・逃げ
【第66回 児島】2018年 山崎智也選手(群馬支部)1号艇・逃げ
【第65回 児島】2017年 寺田祥選手(山口支部)1号艇・逃げ
【第64回 児島】2016年 服部幸男選手(静岡支部)1号艇・逃げ
【第63回 児島】2015年 山口剛選手(広島支部)2号艇・差し
【第62回 児島】2014年 川崎智幸選手(岡山支部)1号艇・逃げ
【第61回 児島】2013年 井口佳典選手(三重支部)1号艇・逃げ
【第60回 児島】2012年 深井利寿選手(滋賀支部)2号艇・差し
【第59回 児島】2011年 田中信一郎選手(大阪支部)1号艇・逃げ

ここ10年間の成績を見てみると、有名なトップレーサーの名前ばかり
児島競艇場に斡旋されやすい、中部地区・近畿地区・中国地区の選手が活躍している印象です。

児島競艇場は海水面のため潮位の変化が大きく、第1マークからバックストレッチまでの幅も広くなっています。
必然的にスピードバトルになりやすい傾向があるため、水面に慣れている選手のアドバンテージが大きいのかもしれませんね。

さらに特出すべきは決まり手
過去10年間のうち8レースでインの選手が勝利しており、番狂わせが起きづらいのも抑えておいた方がいいかもしれませんね。

G1児島キングカップのような重賞レースでは舟券を購入する人が一般レースよりも多く、、買い目が割れることで高配当になりやすいです。
鉄板レースでも1,000円以上付きますし、競艇で大金を稼ぐために攻略は必須でしょう。

G1をしっかり狙い撃ちして、稼いでいきましょう!

G1児島キングカップで本格的にお金を稼ぐには

ここまでお付き合いただき、ありがとうございます。
G1児島キングカップの特徴や賞金・出場条件・歴代優勝者について解説しました。

レースについて詳しくなれば、舟券購入時に有利になること間違いありません。
特に児島は満潮・干潮で有利不利が変わりやすいですし、しっかりとレースを見定めて、舟券を購入していきましょう。

ですが、実際に舟券を買ってみると
「1人での予想に限界を感じる…」
「毎月数十万円コンスタントに稼ぎたい…」

こんな方もいらっしゃるかもしれません。
素早く堅実に大金を稼ぎたいなら、競艇予想サイトを利用するのが1番です。

サクッと数万円の現金が作れる鉄板レースだけでなく、数百万円の大金を狙える買い目も押さえています。
プロの情報を利用して、G1児島キングカップで勝ち組への第一歩を踏み出しましょう!

サイトによって特徴はさまざまなので、まだ試していない方はぜひ万舟倶楽部の情報と併せて↓をご覧ください。


【無料で使える優良予想サイトはこちら】

余計な情報は全て排除!正確な情報のみで役員レベルの収入を目指せ!

競艇サラリーマン

開催 会場 獲得
1月17日 丸亀1R→蒲郡10R 173,040
1月17日 福岡10R→丸亀6R 552,330
1月17日 浜名湖9R→尼崎11R 1222,620
「負けづらくする事」で競艇を投資としてカテゴライズする「競艇サラリーマン」。

全てのランクの元競艇選手・新聞記者・モーター整備士・番組マンの人材をフル活用。
多方面から情報収集することでより正確さを高めています。

勘や運に任せた予想ではなく蓄積され、より精査された正確な情報のみこそ的中への近道!

競艇知識・経験は一切必要なし!
会社役員レベルの収入を目指す力となってくれるでしょう!

LINEで新規登録可能!月100万円の副収入を実現

競艇予想サイト「MAGICBOAT(マジック ボート)」の口コミ・検証公開中!

開催 会場 獲得
1月17日 児島7R→児島9R 332,100
1月17日 江戸川7R→尼崎10R 638,880
1月17日 戸田7R→江戸川11R 546,340
【LINEで新規登録可能!月100万円の副収入を実現】

あまりにも収益を追求しているサイトなので、競艇にロマンを求めて舟券を買う方にはオススメできないかもしれません。
ですが、徹底的にお金を稼ぐなら、MAGICBOAT(マジック ボート)こそ相応しいサイトはないでしょう。

最新鋭の投資用テクニカル分析AIを導入し、最高精度の予想を分析。
さらに実際にレース会場に情報収集員も派遣しているので、データでは得られない生の情報も確実にキャッチできるんです。

実際に利用している方の中には他の競艇予想サイトから乗り換えた方や、月に100万円以上の配当をゲットする方も。
LINEやTwitter・Facebook・グーグル・ヤフーなどの各種アカウントからすぐに登録できますよ!

ブログランキングに登録しています。あなたのクリックが明日の頑張りになります!