桐生の2月開幕戦は6日間のロングラン。
地区選手権シーズンのなか、唯一のA1級・峰竜太選手が圧巻の走りを見せるか。

桐生競艇場を舞台に「第14回・下野新聞社杯」の2日目(2/7)がはじまります!

シリーズ唯一のA1級であり、グランプリ覇者の峰竜太選手1強になる今大会。
初日から連勝格上の走りを披露し、存在感をアピールしましたね。

1走目の8Rは、5号艇からピット離れ良く3コースを奪取
スリット後にのぞき、スタート遅れた内艇の動きを見つつ、まくり差しで突き抜けました。

2走目は12Rドリーム戦の1号艇から、1マークを高速旋回し、バックで独り旅状態に。
まくりにきた3号艇・森達也選手を押さえるさばきは、さすが超級者といったところか。

ほかにも林佑介選手、井上尚悟選手、松井賢治選手、佐口達也選手、茶谷信次選手らが好走し、峰竜太選手を追っています。

“峰竜太”が1強を形成するロングシリーズ。
「第14回・下野新聞社杯」の2日目を予想していきます!

桐生競艇「第14回・下野新聞社杯」
2日目(2/7)の注目レースと買い目

10Rの予想印! ■桐生 2/7(金)19:32~

2020年2月7日桐生競艇第14回下野新聞社杯2日目10Rの出走表

人気の中心は絶好枠の①岡部選手。
相棒の36号機は気配が良く、出足・伸び足・回り足ともに噴いています。

初日を見る限り上位級のパワーがあるのは明確で…。
スタート同体に持ち込めれば、イン速攻を決めるのも容易いでしょう。

2着は差しからバックストレッチで追従する②浜先選手と、4カドから自在にさばける④森選手。
そして起き足が良く、当地相性の良い⑥宮田選手の最内差しを評価したいところ。

①岡部選手以外のレーサーは、機力に大きな差がなく、基本は枠順通り。
そのなかでも、起きを活かして⑥宮田選手が好スタートを放つ展開を考えました。

①岡部選手の逃げ切りを軸に、予選10Rを狙います!




万舟倶楽部が狙う買い目はコレ!

【10R】3連単9点勝負

1着1

2着246

3着2346

回収率1000%超えの本物サイト

競艇予想サイト 競艇LINER(ライナー)

毎日公開している無料情報だけでも、4、5万円の獲得は容易い競艇ライナー。
徹底している情報収集と内部事情の精通は、ネットや新聞では公開されない、秘匿中の秘匿です。

普通では手にできない情報を得ているのも、莫大な予算を割いているから。
そして実際に毎日稼いでいるからこそ、さらに予選も割けるんです。

的中の好循環は、競艇ライナーだけがたどり着いた境地。
今なら1万円分のポイントがついて、無料で登録できます。

車も時計も家も旅行も高級料理も、好きなだけ自由に楽しめる日々は、競艇ライナーがきっかけになるでしょう。

  • 2020/09/24

    若松5R→若松7R 292万2,360円

  • 2020/09/24

    宮島11R→下関6R 51万8,580円

  • 2020/09/24

    若松6R→丸亀9R 22万8,980円

本気の予想を見る

11Rの予想印! ■桐生 2/7(金)20:04~

2020年2月7日桐生競艇第14回下野新聞社杯2日目11Rの出走表

①高橋選手のスタート力は節屈指。
スタートで先制できれば逃げ切れるパワーはありますし、1枠3連対率95.5%と安定感もバツグンなので、連軸として間違いないでしょう。

対抗筆頭は初日に好走した②茶谷選手で、相棒の22号機は上位級の舟足です。
スタートも合っていて、①高橋選手を差す気配はあるものの、2コース不得手なので、過度な信頼は禁物か。

かえって②茶谷選手の仕掛けを①高橋選手が押さえることで…。
空いた1マークの懐を、③横井選手が割差す場面があるかもしれません。

同様に⑤井上選手が起き足の強さを活かして踏み込んでくれば、浮上は容易いか。
連に絡んで高配当を演出する可能性はあると見ました。

①高橋選手と③横井選手を軸に、予選特賞11Rを狙います!




万舟倶楽部が狙う買い目はコレ!

【11R】3連単12点勝負

1着13

2着135

3着12356


トータル平均利益率は300%超え

競艇予想サイト ボートアートオンライン


7日間のトータルで回収できれば良い、というお考えでしたら…。ボートアート・オンラインほど、適したサイトは存在しません。

ボートアート・オンラインの厳選予想は、直近的中率76%と驚異的。
必ず当たるわけではないにせよ、予想をつづければつづけるだけ、純益が増えていく仕組みができあがっているんですよ。

少しだけハードルが高いのは間違いありませんが…。
闇雲に賭けて損を増やすのならば、はじめから+になる環境に乗っかるべき。

今なら2万円分のポイントが、無料登録をするだけでもらえます。
稼げる環境に見を投じて、自然と増える口座の使いみちだけに、頭を悩ませましょう。

  • 2020/06/21

    大村1R 55万8,500円

  • 2020/06/22

    常滑4R 59万4,000円

  • 2020/06/22

    平和島11R 74万7,500円

本気の予想を見る


12Rの予想印! ■桐生 2/7(金)20:36~

2020年2月7日桐生競艇第14回下野新聞社杯2日目12Rの出走表

初日に唯一の連勝を飾った③峰選手は、実力通りの走りを見せています。
舟足も中堅上位となれば、止めようがないかもしれませんね。

①後藤選手、②松井選手の動きを見極めて、まくりにまくり差しに、状況に合わせてハンドルを切るでしょう。

また今走では②松井選手がスタート遅れそうで、③峰選手がスリット後ののぞく可能性も。
そうなればまくりを選択するので、①後藤選手が先マイから逃げ切れる道もあり。

加えて節屈指のパワーを持つ④林選手は、③峰選手がつくる展開にのって浮上するはず。
4コース戦を苦手にしていないですし、2番差しから届くと見ました。

①後藤選手と③峰選手を中心に、桐生特選12Rを狙います!




万舟倶楽部が狙う買い目はコレ!

【12R】3連単12点勝負

1着13

2着134

3着12345

桐生競艇「第14回・下野新聞社杯」2日目
“峰竜太”の独走で終わるか

実力・実績、すべてにおいて格上の峰竜太選手が、シリーズリーダーとして君臨する今大会。
確定板を逃すことは考えにくく、完全Vさえ見えている状態だと思います。

それでも今の桐生は赤城山から吹く季節風で水面が荒れやすく、また機力差も大きく開いています。

場面によっては東元勝利選手・後藤浩選手・高橋英之選手・松井賢治選手・岡部哲選手・山本光雄選手ら、地力のあるA2級勢の見せ場もありそうで、“打倒峰”のロングシリーズを盛り上げてくれるでしょう。

思惑・調整・進入・調子・展開…
さまざまな要素が複雑に絡み合うレースを的中させるには、生きたデータこそ重要なファクター。

万舟倶楽部以外にも実際に現地で収集したデータを活用して無料で予想を展開したり、1回のレースで100万円以上も払い戻しを獲得している予想サイトはあります。

まだ試していない方はぜひ万舟倶楽部の情報と併せて↓をご覧ください。


【無料で使える優良予想サイトはこちら】

競艇LINER(ライナー)

競艇予想サイト 競艇LINER(ライナー)

  • 2020/09/24

    若松5R→若松7R 292万2,360円


  • 2020/09/24

    宮島11R→下関6R 51万8,580円


  • 2020/09/24

    若松6R→丸亀9R 22万8,980円

本気の予想を見る

ボートアート・オンライン

競艇予想サイト ボートアートオンライン

  • 2020/06/21

    大村1R 55万8,500円


  • 2020/06/22

    常滑4R 59万4,000円


  • 2020/06/22

    平和島11R 74万7,500円

本気の予想を見る

ブログランキングに登録しています。
あなたのクリックが明日の頑張りになります!

今日の競艇レース一覧

万舟倶楽部の競艇予想ブログ